古いDVD-Rディスクにファイナライズがされていなかったので直した件

以前使用していたHDDレコーダーが東芝製X5でした。
このレコーダーはDVD-Rで焼くとファイナライズされない仕様だったらしく、現在使用しているPanasonicレコーダーで見ることができませんでした。
どうも根本的な仕様というか意地というかそんなものを感じてしまうのですが…(HD DVDの話)。

そんなときにReadDVDRというソフトを知りました。
ファイナライズはもちろんデータの抽出などもできるすぐれものです。
サイトに行くと詳細が載っているので省きますが、少なくとも東芝製X5で作ったDVD-Rディスクを読み込み見ることができるようになりました。

環境:Windows 8.1 Pro / ReadDVDR1.2a

メイン画面は以下の通りです。
DVDR_2015-12-31_01

①チェックDiscを押すとディスク内容をチェックします。何もない場合は②には何も表示されません。
正常に作成したディスクならば、②に中身が表示されるはずです。
③Finalizeを押すとファイナライズ開始です。
下画面はファイナライズ中の画面になります。

DVDR_2015-12-31_02
ファイナライズが終了すると「ファイナライズ終了」または「ファイナライズできません」という表示が出ます。

操作は以上です。
少なくともPanasonicレコーダーでの再生は確認できました。
ただしPS3/PS4などでは再生できませんでした。
原因は、恐らくVIDEO_TSとAUDIO_TS方式に分かれた正式データとしてできたわけではないからだと考えます。
その場合は、もう一度オーサリングソフトを使ってディスクを作成する必要があると思います。
PCで見る分には問題ないかな…と(´・ω・`)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク