[DiscMedia]番組録画保存に使用していたディスク類が読めなくなって保存方法を変更

今年もあとわずかとなりました、やまね こねこです。
掃除?片付け?何にもしていません。
本当はガッツリと片付け掃除をしたい気持ちはあるのですが、それは自分の宝物を捨てることと同じで困り果てています。
というのも、現在地に引っ越しを行った際に断腸の思いでいろいろな物品を捨てたり売ったりしました。
困ったのは、日本史や古典の専門書で、近所の古書店では取扱いされず、結局図書館に寄贈しました。
恐らく扱いに困って、『お持ち帰りコーナー』に置かれたのではないかと思われます…。
最近の研究の書籍はさすがに手を出せず、書店に行っても立ち読みしてしまったり恥ずかしい限りです。

そんな片付けで現在一番困っているのは、保存用ディスクのことです。

ある日ある時、突然ディスクが読めなくなる!

以前から、海外ドラマやアニメ作品をDVD-RAM/DVD-Rディスク、現在はBD-R/BD-REディスクに焼いて保存しているのですが、枚数が半端なく多くなりDVDディスク時代から使用していたDVD・CD向け収納ケースに保存していて安心していました。
ある日、「そろそろ見たくなってきたので再生してみよう」と思ったとある海外ドラマシリーズのDVD-RAMディスクすべてが読めない事態に陥りました。
録画したすべてのディスクが再生不可になっていたのです。
ディスク内部をソフトを使って見てみると、ジャギジャギのボコボコでほとんど読み取りエラーになっていました。
ディスクを作った時に再生して確認すれば良かったのですが、それもせずどんどんディスクに焼いて収納ケースに入れていたので気づかなかったようです。
修復ソフトを使って何とか再生を試みましたが、中身は取り出せたもののノイズだらけでまともに見ることができませんでした。

そういうことがあった後、もっと厄介なことが起きました。
その日再生できていたBD-Rディスクが、翌日もう一度再生してみると再生できなくなっていたのです。
しかも何枚も同時に。
収納ケースはDVD・CDケース専用のものでBlu-rayに対応しておらず、何度も出し入れしたうちに見えない不織布ケースで傷が入ったようです。
他にも突然ディスクが読めなくなるものがポツポツと出てきました。
DVD-RAMもDVD-RもBD-RもBD-REも時間が経てば経つほど読めなくなる可能性は否定できなくなりました。

現在広告拡張プラグインを試験中です

保存に一番いい方法を頼む

現在もまだDVD・CD収納ケースに入っているディスクはたくさんありますが、DVD形式については作成の古さも関係しているので読めなくなったら諦めるしかありません。
ただBD-Rディスクについては、

  • Blu-ray対応の収納ケースを使う。これが一番ベストな方法かと。
  • プラスチック型トールケースを使用する。少なくとも不織布ケースでの傷は付きにくい。
  • プリンタブルケースにディスクを重ねておく。そのままにしておくのならまだましです。
  • 読める間にハードディスクドライブ(HDD)等にファイルとして保存しておく。ただしグレーな解除ソフトを使用する必要あり。

比較的新しめのHDDブルーレイレコーダーには外付けHDDに対応しているので、そちらに保存しておくのもありかもしれません。
ただ同じ製造メーカーのレコーダーを使っていくことになるのでしょうか。その辺りはよくわからないのですが。
自分のはコピーワンス時代のお古のレコーダーをもらって録画しているので、保存を考えるとBD-RディスクかBD-REディスクに頼らざるを得ないのが現状です(最近WOWOWの映りがうまくいかず、契約しているB-CASはレコーダー側なので原因がテレビとレコーダーとの連結部分に問題がありそうな予感)。

現状ではBlu-ray対応の収納ケースというのを販売しているメーカーが少なく、説明がわかりやすくDVD収納ケースでイマイチだったメーカーではないほうのメーカーの商品を選びました。
これで少しは延命できたらいいなと思っています。

使用感について

これまで使用していたDVD・CD収納ケースの不織布部分は見ると織目が大きめで、Blu-ray対応の収納ケースの不織布部分はキメがかなり細かくなっています。
不織布の柔らかさも触ると違いがわかります。
難を言えば、その柔らかさのせいもあってプラスチックケース内に収めても柔(やわ)な感じで、独立して立たせておくとなよっとなりがちに。
きちんとした場所に収納しておけば全く問題ありません。
自分が座布団の上に並べて置いているものだから与太るのも当然です。

現在広告拡張プラグインを試験中です

今後について

今のところ、毎日いろいろな作品を録画してそれを視聴するには分母が昔と大違い。
作品数が多すぎて結局ディスクに逃がしてそのままにしてしまう。
収納ケースはそのための必然たる商品になります。
本当に悪い癖だと思いますが、要は声ブログの更新が遅延しているのも視聴する時間と作品数との向き合いが難しくなってきたため、という言い訳です。すいません。
作品の感想も書きたいです。ただ声チェックも同時に行わなければならないのでかなりの労力になります。
これで体調(主にストレスによる症状悪化)が以前よりも良くなればペースが上げられるのですが、そこは今のところ神…人生のみぞ知る、です。

現在療養中のためフリーランスを装いながら無職モードで細々生息中。海外ドラマからWebネタ、ゲーム・Apple・iPhone・音声合成・MMDなどの様々なガジェットを、おばちゃん視点で紹介しています。

現在広告拡張プラグインを試験中です

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください